講師&スタッフ紹介

椿名真子 -Mako Haruna-

HML主宰、講師(バレエ・歌・表現)、脚本、演出、作詞

バレエ・ミュージカル・演劇等の舞台出演多数。初プロデュース公演は1998年度埼玉県文化振興基金助成事業認定。2000年度、日本芸術文化振興基金助成事業として埼玉県より推薦。2001年度、富士見市市民大学講座「演劇講座」講師。2002年度『椿名真子ミュージカル・ラフォーレ』設立。2003・2004年度、文化庁、財団法人・富士見市設管理公社キラリ☆ふじみ主催「キラリ☆こどもミュージカル」総合指揮・作・演出。2007年度「さいたまハート座」設立。地域の文化振興と芸術福祉活動に貢献。富士見市在住。

じん満 -Mitsuru Jin-

講師(タップダンス)

1950~60年代のミュージカル映画(フレッド・アステア、ジーン・ケリー、ドナルド・オコナー等)に感化され、ダンサーの道を志す。京都でタップダンスを吉田タケオ氏(現日本タップダンス協会会長)に師事。1959年『ホリデー・イン・ジャパン』への出演も兼ねて渡米。ジャズダンスをマット・マテックス氏(MGM映画『略奪された7人の花嫁』ケレイブ役)に、ジャズ・タップ・アクロバット・パントマイム等をタミー・モリナロ氏に師事。また、ブロードウェイでミュージカルを勉強し、ここでもダンスレッスンに励む。帰国後、ダンス教師、振付師として多方面で活躍、現在に至る。

おのゆみ -Yumi Ono-

講師(キーボード・歌)、作曲

4歳よりクラシックピアノ、ソルフェージュ、聴音を学ぶ。東京音楽大学附属高等学校器楽科をピアノ専攻で卒業。その後役者を志し、小劇場での活動を通じてHML(当教室)主宰・椿名真子氏と出会う。2003・2004年度、文化庁、財団法人・富士見市設管理公社キラリ☆ふじみ主催「キラリ☆こどもミュージカル」への出演・作曲をきっかけにHMLスタッフとなる。2005年、椿名真子脚本『時のはざまのμ』を演出。2012年以降はピアノと歌による演奏活動を開始。自身のライブの他、バンドサポート、ミュージカルでの演奏、病院でのボランティアコンサート等、各地で精力的に活動中。

ぽた -Pota-

講師(演技)

役者。演劇・ミュージカル・舞踊・朗読・映画等出演多数。1997年初舞台を踏む。2002年「劇団放浪見聞録」入団、副座長を務め、HML(当教室)主宰・椿名真子氏と出会う。2004年に同劇団を退団、2005年よりHMLスタッフとなる。

HML作品への出演……2003年ザ・コンビニショー『宇宙人がやってきた』/2005年HML発表会『夢見る星のブロードウェイ』/2007年さいたまハート座『海の底からピアニシモ』/2009年さいたまハート座『海の底からピアニシモ(再演)』等多数。

冨岡海翔 -Kaito Tomioka-

講師(バク転・ダンス)

淑徳幼小中高等学校卒業。在学中の4~5年間ジャニーズ事務所に所属。その後、日本大学藝術学部を卒業。在学中はテレビを中心に映像、舞台、振付け、ファッションショー等の演出を学ぶ。

主な出演作品……少年隊『PLAYZONE』、堂本光一『Endless SHOCK』、ジャニーズ『SUMMARY2004』。バックダンサーとして、Kinki Kids/TOKIO/20th Century/タッキー&翼/NEWS/関ジャニ8/KAT-TUN等の公演に参加。

山口由紀子 -Yukiko Yamaguchi-

経理事務、アシスタント(タップダンス・土曜クラス)、作詞

幼少より演劇を始めとした舞台鑑賞が大好き。2001年度、富士見市市民大学講座「演劇講座」を受講、HML(当教室)主宰・椿名真子氏と出会う。2002年『トランプ・オブ・ザ・ワールド』の舞台がきっかけで椿名氏の人柄、作品の魅力に惹かれ、無類の子供好きを活かしてHMLスタッフとなる。普段は会社に勤務しながら、講師スタッフをまとめ、経理事務処理、レッスンアシスタント、作詞活動を行う。2003年『宇宙人がやってきた』、2007年及び2009年さいたまハート座『海の底からピアニシモ』等のHML作品に出演。